布団のなかで考えた

きょうは1月9日。年が明けたとおもったら、もう1月の3分の1が過ぎようとしている。

そろそろ気持ちを入れ替えなければと思うけれど、なかなかエンジンがかからない。さかのぼってみれば年末年始に限らず12月中旬からそんな感じが続いていて、主に布団の中にいた。そしてきのうも布団の中で、エンジンのかけかたや、今年やるべきことを考えていた。

2018年は、zineをつくる。

5年ほど前、ちまちまとフリーペーパーをつくったり、コンビニで印刷できるネットプリントをつくったりしていた時期があった。あんな風に、またひとりで書いて、まとめて、印刷して、くばりたい。やるやるといって数年経っているから今年こそ。

ひとりで作るというのは、自由だけど少しさびしい。でも自分で期日を決めて少しずつ作っていくのはわくわくする。なによりも、黙々とやるのがわりと向いていることは、2017年のわたしが証明してくれている。やろう。

Twitter:@mkawasem ←アカウントを変えてみました


12月31日(日)

年のはじめに「これだけはやろう」と決めていたことがあった。

とても個人的なことで、できる気はしないけどいつかやらなきゃいけないような気がするテーマだった。12月にぶじ終えてしばらく経つけど、味わったことのない興奮や疲労の余韻が頭の隅でまだちりちりしている。

「本気になる」と決めたら、もう言い訳はできなくなる。奇跡はおきない。自分の足で走らなければならない。そのヒリヒリ感は最初こわくもあったけれど、自分の心と行動にいよいよ矛盾がなくなった感じがして、心地よくもあった。


12月30日(土)

今日は午前中にカーテンを洗って窓拭き。床磨き。大掃除はこれでおしまい。年賀状を書く。

お昼を食べてから、近所で買い物。風はなく、雲ひとつない快晴。歩いていると気持ちが健やかになる気がしてくる。数年使っていた浄水器ポットを買いかえた。

帰宅後、じんましん。夏以降おさまっていたけれど12月に入ってから頻繁に出るようになった。薬を飲んで、しばらく横になる。YouTubeでジャーニーの「Don’t Stop Believing」をきいていたら涙が出た。今年もあと1日。


12月29日(木)

大掃除の続き。台所、シンクの下、浴室。

大掃除を「やらなくちゃいけない」ミッションだと考えるとそれだけで思いつめて苦しくなるので、今年は「できるところだけでいい」ということにした。ら、なぜかむくむくとやる気がわいてきて、そこらじゅうの掃除が進んでいる。

一日の終わりに、年賀状だけ作業が止まっていることに気づく。買ったはがきは、まだどれも真っ白。明日こそやる。


12月28日(木)

大掃除の続きをする。
処分する本を選ぶのにずいぶん時間がかかってしまい、収納の整理にかかる頃には日が暮れはじめていた。

いたるところから、埃。掃除機もクイックルワイパーもまめにかけているつもりだったけど、どこからかふわふわ出てくる。全て終えてお風呂に入るとずいぶんさっぱりした。

ケーキを買いに行く。チーズケーキ。私は甘いものを食べると元気になる。自分がきげんよくいられる方法を知っているのはいいこと。今年もあと3日。