12月31日(日)

年のはじめに「これだけはやろう」と決めていたことがあった。

とても個人的なことで、できる気はしないけどいつかやらなきゃいけないような気がするテーマだった。12月にぶじ終えてしばらく経つけど、味わったことのない興奮や疲労の余韻が頭の隅でまだちりちりしている。

「本気になる」と決めたら、もう言い訳はできなくなる。奇跡はおきない。自分の足で走らなければならない。そのヒリヒリ感は最初こわくもあったけれど、自分の心と行動にいよいよ矛盾がなくなった感じがして、心地よくもあった。


12月30日(土)

今日は午前中にカーテンを洗って窓拭き。床磨き。大掃除はこれでおしまい。年賀状を書く。

お昼を食べてから、近所で買い物。風はなく、雲ひとつない快晴。歩いていると気持ちが健やかになる気がしてくる。数年使っていた浄水器ポットを買いかえた。

帰宅後、じんましん。夏以降おさまっていたけれど12月に入ってから頻繁に出るようになった。薬を飲んで、しばらく横になる。YouTubeでジャーニーの「Don’t Stop Believing」をきいていたら涙が出た。今年もあと1日。


12月29日(木)

大掃除の続き。台所、シンクの下、浴室。

大掃除を「やらなくちゃいけない」ミッションだと考えるとそれだけで思いつめて苦しくなるので、今年は「できるところだけでいい」ということにした。ら、なぜかむくむくとやる気がわいてきて、そこらじゅうの掃除が進んでいる。

一日の終わりに、年賀状だけ作業が止まっていることに気づく。買ったはがきは、まだどれも真っ白。明日こそやる。


12月28日(木)

大掃除の続きをする。
処分する本を選ぶのにずいぶん時間がかかってしまい、収納の整理にかかる頃には日が暮れはじめていた。

いたるところから、埃。掃除機もクイックルワイパーもまめにかけているつもりだったけど、どこからかふわふわ出てくる。全て終えてお風呂に入るとずいぶんさっぱりした。

ケーキを買いに行く。チーズケーキ。私は甘いものを食べると元気になる。自分がきげんよくいられる方法を知っているのはいいこと。今年もあと3日。


12月27日(火)

部屋の一角を掃除すると、印刷した紙がたくさんでてきた。過去の下書き、自分で赤字をいれたもの、印刷ミス、仕事の資料や校正、いろいろ。すぐには捨てられないのでしばらく保管しておこうとおもうと、どんどんたまってしまう。

仕事でもプライベートでも、今年は家のプリンターが大活躍した。モノクロ、カラーともに大容量インクを何度か交換したような気がする。

すっかりごみになったそれらを少しだけ眺めて、まとめて捨てた。

午後、皮膚科。乾燥がひどいということで保湿剤が変わる。随分混んでいた。渋谷はみんな早足。するする人混みを抜けて歩く。

夕方、恵比寿。今日突如会うことになった友だちとは結局会えなかったけれど、それもまた年末という感じがする。今年もあと4日。