風邪

10日ほどずるずると風邪をひいていた。
インフルエンザは陰性。トローチは苦手なのでいりませんと言えず、薬と一緒に処方される。

昼間は微熱、夕方に熱が上がる日が続く。
3日目あたりから、寝返りをうつ時の感覚で、だいたいの体温が想像できるようになってきた。体が重苦しく、寝返りをうつのがつらい時は、37度を越えている。枕元に本やiPadを並べて、ときどき読み、時間になると薬をのむ。

風邪をひいている間、ご飯を作ってもらえることがなによりも嬉しかった。夫の料理は、野菜の切り方や味付けが私よりずっと細やかでやさしい。食後に薬飲みな、といわれる。

熱が下がる時間には、録画していた映画をみた。「夢」「最強のふたり」「サウンドオブミュージック」「LIFE」。寝ている間は、夢もたくさんみた。そのせいか、さまざまな映像が自分の中に蓄積された。日記が夢で埋まっていく。

やっと一日中平熱で過ごせるようになったと思ったら、2月も半ば。
久しぶりに外にでたら、冷たい空気の中に春を感じた。トローチはまだ残っている。