気分転換になるとは限らない(5月15日〜)

5月15日(月)
Netflixで『ジョジョの奇妙な冒険』を何話か見た。波紋エネルギーを教えるツェペリが言っていたことが印象に残る。

「勇気とは、恐怖を我がものにすること」

5月16日(火)
「あすけん」というアプリで体重と食事の記録をはじめる。食べたものの写真を日記とともにアップして交流するSNSの要素もあっておもしろい。TwitterともInstagramとも雰囲気が違う。登録する人の共通の目的はダイエットだから、話題はそれに関すること、写真は基本食べたもののみ、というのがいい。
夜、散歩に行く。日が暮れてからの方が人の気配が薄くなって歩きやすい。

5月17日(水)
午前中ぐしゃぐしゃと書いて、午後は散歩がてらアロマライトの替えの電球を買いに行くことにする。
家を出る前にいつもより大きなイヤリングをして、鏡をみて、やっぱりやめる、というのを3回くらい繰り返して疲れる。いつもと違うパターンを選ぶことが、気分転換になるとは限らない。緊張が増すし、それだけでもただでさえ少ない脳の容量が減る気がするので、結局いつも決まったものにする。特に今は生活のリズムを変えないように注意を払ってるはずなのに、たまにやってしまうのはなぜだろう。
探している電球は、ミニトマトと同じくらい。ありそうでなかなか見つからない。今日もみつからず、結局ネットで買った。

5月18日(木)
お昼過ぎから雨。強く降ってあっという間に去っていく昼間の雨は好き。

5月19日(金)
朝起きてすぐにiPad Proを開き、前日までに書いたことを読み直す。一日たってリセットされた目にはどう映るか知りたくて、今週はずっとそうしていた。たくさん直してまた書く。
昼、一駅分歩いて文房具屋さんにいく。仕事を辞めて以来、私の行動のほとんどは徒歩でいける距離内だ。なにも起きないし、昼間はひとりだし、一日は静かに過ぎていく。今週も。

・・・・・・・・・

Twitterもやっています。よかったらフォローしてください〜。