12月31日(日)

年のはじめに「これだけはやろう」と決めていたことがあった。

とても個人的なことで、できる気はしないけどいつかやらなきゃいけないような気がするテーマだった。12月にぶじ終えてしばらく経つけど、味わったことのない興奮や疲労の余韻が頭の隅でまだちりちりしている。

「本気になる」と決めたら、もう言い訳はできなくなる。奇跡はおきない。自分の足で走らなければならない。そのヒリヒリ感は最初こわくもあったけれど、自分の心と行動にいよいよ矛盾がなくなった感じがして、心地よくもあった。